小笠原・グアム・沖縄の比較

先日、沖縄に旅して来ました。そこで今回は『小笠原(父島)』と『グアム』と『沖縄』という日本人に身近な南国のいろんな点を比較してみたいと思います。なお、それぞれまだ1回しか行っていないので初心者視点となります。

小笠原・グアム・沖縄の比較

各地域まだ1回しか行っていないので観光したエリアは少なく初心者の王道地域のみの感想です。小笠原諸島は『父島周辺』、グアムは『タモンエリア周辺』、沖縄は『本島』のみです。各地の細かな旅行記は下記よりどうぞ。

アクセスが良いのは?

沖縄はゆいレールも便利

1位 沖縄

これは国内で飛行機で片道3時間の沖縄が圧倒的に良いです。パスポートも不要だし。

2位 グアム

グアムも飛行機で片道3時間半くらいで近いのですが、パスポートが必要なのと入国審査が時間がかかるのがイマイチでした。でもそんな事は問題にならないかな。良いです。

3位 小笠原

小笠原は船で行くしかなくため24時間の船旅が往復で必須となります。そのため最低でも6連休が必要なのが一番ネックです。また初めての人は24時間の船旅がとても楽しく感じると思いますが、リピートとなるとある意味無駄な時間なので逆に不満になるかもしれません。

シュノーケリングで熱帯魚を簡単に観れるのは?

グアムはタモンエリアのホテルなら目の前のビーチで何の制限もなくすぐ熱帯魚見放題

1位 グアム

タモン地域などのホテルは、すぐ前がビーチという所も多いです。少し入ったホテルでもビーチは近いです。またビーチはとても綺麗な砂浜とサンゴがあり、浅瀬で熱帯魚も沢山泳いでいます。3つの中で一番簡単にシュノーケリングが楽しめると思います。ただしシュノーケリングしたり海に入っている人は何故か少ないです。

2位 沖縄

シュノーケリングはまだやっていませんが、禁止のビーチも多く、別途お金がかかるビーチも結構あるようです。ダイビング講習のイメージではシュノーケリングOKのビーチならグアムと同じく沢山の熱帯魚を楽しめそうです。

3位 小笠原

私は体験含めて3回シュノーケリングしました。シュノーケリングの範囲では海の青さは一番良かったかもしれません。ただ熱帯魚が少な目で余り観れませんでした。沖縄のインストラクターさん曰く小笠原はスキューバダイビングが良いそうですよ。

※海の綺麗さは甲乙つけ難いです

クジラやイルカを簡単に観れるのは?

小笠原はホエールウォッチングツアーも沢山あり

1位 小笠原

ホエール&ドルフィンツアーに参加しました。海が大荒れだったためホエールしか観れませんでしたが感動しました。

※グアムと沖縄はまだツアー等に参加していないため不明です。

海以外の観光スポットはどこが良かった?

美ら海水族館や首里城など有名スポットがたくさんある沖縄本島

1位 沖縄

沖縄は今回レンタカーを借りて広く移動したので色んな観光スポットを楽しめました。ただ海以外と言ってもやっぱり『美ら海水族館』が一番良かったかな。とは言え、今回行けなかった古宇利島とか車で行ける離島は景色も良さそうで次回は行ってみたいですね。

2位 小笠原

小笠原は他と比べるとすごく小さな島ですが、『ナイトツアーで本当の暗闇を体験』や『ハートロックの絶景』や『原付で島1周』、『Weather station展望台の絶景』など、沖縄と比べて少ないけど魅力的があり素晴らしかったです。

3位 グアム

グアムは一番時間がなかったためタモン地域のみの狭い範囲しか行けませんでした。でも、運よく快晴だったので『恋人岬』はため息が出るくらい素晴らしい絶景だったし、旅猿でやっていたバギーとかも次回はやりたいですね。

※海に全く無関係なのはどこも少ないですが…

食べ物が美味しいのは?

沖縄はリーズナブルだし、郷土料理もおいしい

1位 沖縄

食べ物は正直普段と変わらない物も食べれるし沖縄っぽい料理も日本なので日本人の口に合うしで沖縄が一番安心です。

2位 グアム

グアムはアメリカン!な料理を食べれます。どれも美味しかったです。

3位 小笠原

小笠原も日本なので口に合いますし美味しいです。が、他の2か所と比べると仕方がありませんが食べる所が少ないです。

快適に滞在出来るのは?

困る事は何もない快適な沖縄

1位 沖縄

まぁ日本なので沖縄は全く他の観光地と変わりませんね。私が行ったのが5月なので暑すぎなかったし。インストラクターさん曰く夏でも東京の方が暑いくらいだそうです。

2位 グアム

私が行ったのは12月でしたが、南国に来た気分を味わえる適度な暑さでした。スコールが降る事もあるけどすぐに止みましたし。真夏はどうなんでしょうね?言葉の問題はあるけど、観光地の最適化がされているので片言でも何とかなるレベルです。

3位 小笠原

私が行ったのが3月下旬だったのですが、少し暑いくらいで快適に過ごせました。日本だから言葉も問題ないですし。

※順位を付けていますが、どこも快適でした!

南国気分を満喫出来るのは?

グアムは手軽に海外の空気を味わえます

1位 グアム

これは圧倒的にグアムですね。そもそも海外という事で他の2箇所とはやっぱり雰囲気が違います。テンションも上がります!

2位 小笠原

船で24時間費やして訪れるという部分が非日常感を演出してくれます。木とかも南国っぽくて良かったです。

3位 沖縄

やっぱり一番自分が住んでる地域と変化が少ないので南国気分という点ではちょっと下がるかも。ただし、旅猿でも観たように今後離島に行って沖縄というか、琉球(ローカル)に入っていけば印象が変わってくるかもしれませんね。

費用は?

1位 沖縄

今回の旅は東京からだと3泊4日で約10万円と、時期によりますが閑散期に行けばかなりお得かもしれません。ぶっちゃけ飛行機とホテル代だけだったら安い時期と安ホテルだと4万円以下で行けます!

2位 グアム

私が行った時期は閑散期で安い時でしたが体験ダイビングや食事代など含めて約10万円くらいかかりました。飛行機とホテルだけだったら6万円ちょっとです。ネックは物価が高いという点で、食事はちょっとした料理でも2,000円を超えます。ハンバーガーも1,600円くらいしました。しかもチップが必要です。チップ文化には慣れないなぁ~~~

3位 小笠原

交通費が高い!一応個別ベッドがある2等寝台で片道26,850円(2019年5月現在)なので往復だと船賃だけで53,700円です。その他の物価自体はそんなに高くはありません。でも内容が内容だけに不満はありませんが。

まだ行ったことがない人にオススメなのは?

景色も素敵、食べ物も美味しい、また行きたいグアム

1位 グアム

どこも素敵な場所でしたが、海外という雰囲気を楽しめて、海外旅行に不慣れな人でも不安が少なく、食べ物も非日常感が味わえ、海遊びも気軽に出来る点で行ったことがない人はグアムがオススメかなと思います。パスポートがない人は準備するのがめんどくさいですが…

2位 沖縄

沖縄については、一言で言うと、、、

『沖縄が日本で良かったーーー!』

に尽きると思います。こんなに簡単で素敵な場所にパスポートも不要で行くことが出来る事が本当に感謝です!日本なので何も不安はございません!

3位 小笠原

小笠原は色んな意味で少しハードルが高いので多少準備して行った方が良いかもしれません。スキューバダイビングのライセンスを取ってから行けば良かったかも…。でも海の素晴らしさを教えてくれたのは小笠原で私の海の再出発地だし、島の人たちの歓迎度(※お客さまへのサービスとは言え船のお見送りは感動すると思います!)は一番です。

自分がもう1回行きたいのは?

全部!1回行っただけではどこも満喫しきれませんでしたリベンジしたい点もそれぞれあるので、全部また行きたいです!具体的なリベンジポイントは以下です。

★小笠原のリベンジしたい点

  • イルカが観れなかった
  • 海の中が消化不良。次回はスキューバダイビングで沖縄の熱帯魚を満喫したい

★グアムのリベンジしたい点

  • 亀が観れなかったので次回は体験ではなく本当のスキューバダイビングでしっかり海を体験したい
  • レンタカーを借りて島をドライブしたい

★沖縄のリベンジしたい点

  • 真栄田岬の青の洞窟でスキューバダイビングしたい
  • 古宇利島の絶景を観たい
  • 離島に行きたい
  • 石垣島のマンタスクランブルでスキューバダイビングでマンタを観たい

まとめ

以上で初心者が始めて行った身近な海の観光地比較でした。どこも素晴らしい非日常体験が沢山あなたを待っています!私もリベンジしたいですが、どこに行くにもお金がかかるのでしばらくは無理かもですね…

個々の旅については、つまらないかもしれませんが旅行記にしていますので記事を読んでいただけると嬉しいです。あまり参考にならないかもしれませんが、読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40代独身男。人生を幸せに変えるべく2018年8月23日からブログを始めました。とりあえず毎日更新を目標にしているためお役に立てない記事も多いかと思いますし、間違った意見も多いかもしれませんが未熟者という事でお許しください。 HSPで超めんどくさい性格ですが、共感していただける事があれば嬉しいです。未熟ですが初音ミクのボカロ曲も公開していきます!よろしくお願いします。