デモテープをレコード会社に送ってみた

”平成”が終わり”令和”になりました。新しい時代の幕開けです!

私も41歳になり今更感はありますが、短い自分の人生、諦めるという選択肢はありません。41歳になってデモテープを送ってもレコード会社の人に相手にされなく、多分聴いても貰えないと思いますが行動してみようと思います。

前回送ったのはおそらく10年くらい前です。当たり前ですが全くどこにも引っかからずダメでした。久しぶりに送ってみます。

私はクリエイターには向いていません

とは言え、もし奇蹟的に2次選考などのお話があっても、私はクリエイターには向いていないので難しいでしょうね。下は職業作曲家として兼業で夢が叶って頑張られている方のブログです。

http://hiyosakk.blog.fc2.com/

こおブログを読んだら自分には向いていないと痛感しました。プロの世界で仕事が出来る能力が備わっていません。理由は以下です。

  1. 音楽の知識がない ⇒ 楽器も出来ず音楽の知識もなく感覚で作っているだけ
  2. 多作タイプではない ⇒ 一番向いていない理由です。とにかく皆さん沢山作ります。特に最近はプロの方でもコンペで採用を勝ち取らなければならないようです。そのためには1日で何曲も作る人もいます。私は最近ますます曲が作れなくなり1ヶ月に1曲作れれば良い方です。
  3. 楽器が何もできない ⇒ これも致命的です。最近は編曲までやる事が多い…というか、編曲までやらないとお金にならないそうです。楽器も出来ない自分にプロの編曲は難しいです。

続いては根本的にその世界で生きていく力もないのに、何でデモテープ送るのか?です。

なぜ今更デモテープをレコード会社に送るのか?

理由は以下です。やる気が無いわけではありません。

  1. 人生終わるまで諦める必要はなく何度挑戦したって良いんじゃない?
  2. 昔はガイドメロはシンセサイザーでした。最近ボーカロイドで借り歌を入れてみたので送ってみたいと思った。

私に音楽で食べていける才能はないのはもう分かっています。でも41歳のおじさんでも行動する姿をブログで見せたいのです。

結果がどうあれ行動すれば”楽しい!”はず

デモテープオーディションは1次審査に通過しないと連絡はありません。でも連絡が来るかなぁと思いながらドキドキする期間は結構”楽しい”です。まぁ1ヶ月経って落ちたと分かった時は悲しいんですがね(´;ω;`)ウゥゥ

  • もし奇蹟が起きて2次審査に行ければ嬉しい
  • 結果が残念でもブログのネタになるので一石二鳥!?

行動すれば結果が良くても悪くても全くの『無駄』なんてことはありません。何かは得られるはずです。

とりあえずwebでエントリーできる1社にしか送っていませんが、郵送でも何社か送ってみたいと思います。が、作家集団の事務所に送っても相手にされないだろうし、当たり前ですがレコード会社は若い才能を求めているので、枯れきったおじさんはレコード会社の立場になったら自分も不要だと思いますね。

オーディションに落ちたら送った曲をYouTubeにアップしようと思いますのでお楽しみに。。。

皆さんも好きな事があったら諦めずにやってみましょう!無謀な行動でなければ失う物なんて何もありません。

※『仕事をやめて好きな事をやる』ことを勧めているわけではありません!しっかり考えずに家族に迷惑を掛けて好きな事をやるとかは違うと思います。

読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40代独身男。人生を幸せに変えるべく2018年8月23日からブログを始めました。とりあえず毎日更新を目標にしているためお役に立てない記事も多いかと思いますし、間違った意見も多いかもしれませんが未熟者という事でお許しください。 HSPで超めんどくさい性格ですが、共感していただける事があれば嬉しいです。未熟ですが初音ミクのボカロ曲も公開していきます!よろしくお願いします。