作曲なんて鼻くそほじりながら適当にやるもん

作曲って楽しいけど、すごく苦痛でもあります。出来た時の喜びが忘れられなくてみんな続けていると思います。

私の作曲方法は適当です。適当こそが継続するために大事だと思っています。プロの人達は成果物が次の仕事につながるので細かい部分まで音を追及するのだと思いますが趣味なので。

私の作曲方法

  1. モチベーションを高める。私の場合は次の日が休みで嬉しいとか。
  2. CDジャケットやネット画像やyoutube映像などでカッコ良かったりお洒落な画像を用意する。
  3. やりたくないけどパソコンのスイッチを入れソフトを立ち上げる。
  4. ノリのいいリズムをサンプルで適当に並べてループして流す
  5. 画像や映像を見ながらリズムに合わせてピアノとかシンセ音源で適当に和音を弾いて気持ちよい展開を探す…が、実際はコードパターンは3個くらいしは私はない。
  6. 和音に合ったリフを弾きながら探す。
  7. サビ⇒Aメロ⇒Bメロみたいなパターンで3~4つパターンを作る。各パターンの出来によりサビが途中で変わったりもする。
  8. オケにメロディを口ずさんで探して適当に付ける
  9. メロディラインをシンセから初音ミクに変えて適当に詞を付ける※最近始めた
  10. MP3などに書き出しして終了

大体こんな感じです。鼻くそほじりながらやってます。

全部の作業が半日で出来る事もあればスランプになって1曲作るのに半年かかったりもあります。ある意味運です。モチベーション高ければ良い曲が作れるわけでもないし、作った時は最高と思っても後々イマイチになります。逆に作った時はダメだと思っても後々すごく気に入ったりもします。

画像や映像を見ながら作ることが大事

例えばAKB48 風のアイドル曲を作ろうと思ったら、AKB48のシングルCDを中古で買ってきてジャケットを抜き出してモニター横とかに置いておきます。DVDが付いてればDVDを流したりします。ただし音はオフです

CDを聞きこんだりもしません。音を聞いてしまうとイメージが縛られてしまいます。プロには勝てません。あくまで自分が作るための助けです。これかなりオススメなので頭の中のイメージだけで作ろうとしている人はやってみてください!

この方法を始めてから沢山作れるようになりました。

曲ができない時ってたぶん自由過ぎて何を作ればいいか漠然とし過ぎているんじゃないかと思うのです。

アイドルへ提供するとしたら、ももクロperfumeAKB48?イメージを制限していった方が作りやすいと思います。

パクリなんて気にするな

意図的に他の音楽をパクることはしませんが、そもそも音楽なんて上書きの上書きで人類の宝になっているエンターテインメントです。現在はお金が絡んで来てうるさくなりましたが、お金だって実際はアーティスト本人の意思よりも寄生している人たちが生きる糧にしていることが多いのでは?

まぁそれは置いておいても、好きな曲の影響が出るのは仕方ありません。大切なのは意識してやらない事と、自分の音を加える事だと思います。それを意識していれば明らかなパクリになることは少なくなると思います。ただ稀に意識しなくてもそっくりな時もありますけどね。意識的に悪意を持ってパクるのは問題外です。

趣味ならば作れないときは作れないで良いのです。でも日々作れなくても良いから時々は鍵盤を触って作る努力はした方が良いです。

作曲は音の写真

私は楽器の演奏が出来ないので、演奏出来る事は素晴らしいと思います。ただ、演奏出来なくても作曲が出来れば一生の趣味になるし、作った曲は当時の記憶を呼び起こしてくれる音の写真になりますよ。当時は「〇×に影響受けていたなぁ~」とか「振られて悲しくて作った曲だなぁ~」とか。

新曲が出来ると前の曲より進化した!良い曲出来た!と思うけど、時間が経つとそうでもなくて、むしろ昔の洗練されていない曲の方が粗削りだけど面白い音だったりして魅力的に思えたりします。たとえ誰にも評価されなくても、20年前の曲を聴くと嬉しくなります。

今はパソコンと音楽ソフトで安く作曲出来ます。マックだったら最初から音楽ソフト入っていますしね。

トラックだって十数トラックあれば十分。高いソフトの何十、何百トラックなんて素人には不要です。

読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

40歳独身で人生を幸せに生きるためにブログを始めました。HSPなので生きにくいですが共感していただける方がいたら嬉しいです。ボカロPとして未熟ですが作った曲も公開していきます!よろしくお願いします。