小室哲哉マニアの隠れてない?名曲紹介

こんにちはケンジアライブです。小室哲哉マニアが小室さんの名曲を紹介したいと思います。ただし、定番曲は外しています。

はじめに

みなさんはどんなアーティストが好きですか?私はTM NETWORK世代ではありませんが、1990年代の小室ファミリー(プロデューサー時代)のど世代です。人生で一番音楽に多感で、その後の音楽人生を決める時期は小室サウンド一色でした。

もちろん、その他にも槇原敬之やMr.children、my little lover(小林武史プロデュース)なども好きでしたがもろに影響を受けた、圧倒的な時間とお金を消費したのは小室さんの音楽でした。小室さんみたいな曲が作りたくてDTM(当時はオールインワンシンセ)を始めました。

さて、今の30歳以下の方はおそらく小室哲哉さんの事は凋落してからしか知らないため、今年の不倫のイメージがついた、昔流行った作曲家くらいにしか思わないかもしれませんが、結果的に現在の音楽業界の流れを作った人ですし、定番と呼ばれる曲以外にも沢山名曲があります。

例えば音楽番組だと、すぐにTM NETWORKのGet wildやダウンタウンの浜田さんのWOW WAR TONIGHTなどが流れると思いますが、すごく良い曲ですが聞き飽きているし、小室マニアな自分的にはもっと好きな曲が沢山あります。

せっかくなのでそのような曲をご紹介したいと思います。youtubeに公式でアップされている動画があればリンクしたいと思います。

ぜひもっと多くの方に小室さんの隠れた名曲を知ってもらって好きになってもらいたいです!

※小室ファンには定番ばかりです

※公式動画がある場合は曲名にリンクしてあります。

※随時追加更新していきます

TM NETWORK(TMN)

1.We love the earth

この曲を世界の人が共有してくれればいがみ合いがなくなるんじゃないかなと思うくらい大好きな曲。僕らはこんな広い宇宙の片隅のこの星に同時代に生まれてこれて良かった、みんなで幸せになろうってお思います。いろんなバージョンがあるけどどれも良いね。「僕は良い音楽を聴くために生まれてきたんだ!」って思う、良い音楽に出会えると幸せです。HSPだからかな。

2.WILD HEAVEN

TMの曲の中でサウンド的には個人的に1番好きかも。疾走感のある4つ打ちのダンスサウンドが気持ちよいです。また明るすぎるハッピーでカッコイイサウンド。ウツの色っぽくて優しい声も最高!最後のウツがセリフを言うようなところも大好き。下の最近のライブ映像のも悪くはないけどシングルCDのアレンジが好き。

3.Self Control・・・GET WILDの前にスマッシュヒットした名曲。今の時代セルフコントロールってよく言いますよね。30年以上前にこの言葉を使う作詞家の小室みつ子さんもすごい。ちなみに小室みつ子さんは小室さんとは血縁関係はない人で奥さんでもないですよ。

4.Still love her

アニメ『シティーハンター』のエンディング曲です。木根直登さんが入ったおかげで良い塩梅にエッジさが薄れて優しい曲になったのかな。初冬になると聞きたくなるね。

5.Be Together

鈴木あみのバージョンが有名ですが、本家はこちらです。鈴木あみの方の適当なアレンジも悪くはないけど、やっぱTMでしょ。

6.I am

後期のTM NETWORKでLOUDと並んで好きな曲です。

7.LOUD

現在最新のアルバム『QUIT30』は悪くないのですが全体的に印象に残りにくい曲が多い中、この曲はすごく良いです。小室さんの現在のメッセージが詰まっていますね。

安室奈美恵

1.a walk in the park・・・1分を超えるイントロ、カッコ良くてハッピーなサウンド。アルバム『Concentration 20』に収録されているがアルバムのトラック1~6までの流れは神がかっています。

2.RESPECT the POWER OF LOVE

3.no more tears

4.toi et moi

5.PLEASE SMILE AGAIN

6.LOVE 2000

globe

1.love again

『軟式グローブ』で有名ですが、個人的なglobeの曲で1番好きです。原曲も好きですが、この曲に限ってはライブなどでアレンジやリミックスした曲も盛り上がります。tranceバージョンも盛り上がります!

2.SWEET PAIN

私が唯一楽譜を見てコピー(打ち込み)してみた曲。この曲を打ち込みして、曲っていうのはどういう構成なのか分かったので、その後は自己流で作っています。バブル時代の何にも悩みもないような底抜けの明るさが大好き。

3.SWEET HEART

『SWEET』つながりでこの曲も好き。シングル4枚連続リリースの3作目。久しぶりにジャングルのリズムで。SWEET PAIN同様明るいのだけれど、底抜けというわけではなく少し暗さも伴っています。ちなみにこの曲が収録されているアルバム『Relation』も冬を意識したイメージでとっても良いアルバムですよ。

4.still growin’ up

5.OVER THE RAINBOW

明るいサウンドと前向きな歌詞が大好きです。

6.Is this love

優しくて雄大なサウンドと歌詞、全てがこの曲だけで似た曲がないglobeの中でも奇跡の1曲だと思います。

7.genesis of next

globe低迷期に出されましたが、これぞglobeしか出来ない唯一無二の曲だと思います。10分近く長くても単調にならず当時大感動して私もこの曲を目指して何曲も作りました。

8.try this shoot

globeの神曲『try this shoot』の小さな思い出

9.garden

10.love goes on

アルバム『globe2 pop/rock』に収録。このアルバムは完全にブームが過ぎて売れない時期ですが、サウンドは新鮮で個人的に大好きなアルバムです。アルバムの曲全部良いけど『LOST』と『Asian night』が特に好き。小室さん歌いまくってますよ。

Kiss Destination(true kiss destination)

1.MA・BA・TA・KI

小室哲哉さんの歴史の中でも少し他と違う曲調なのがキスティス(Kiss Dsetination)の楽曲達です。小室さんが得意なエレクトロな音を抑えR&B風で、でも小室サウンド満載な音作りです。

その中でも一番好きで、小室さんの楽曲の中でも10曲に入るくらい好きなのがこの曲です。低い音程のAメロ、優しく後ろ向き過ぎず希望が持てる歌詞、タイトルも素敵です。晴れた日にオープンカーで峠道を走りながら聴くと最高!!

2.WAVE OF LOVE

かなりの名曲です。埋もれているのが不思議です。リズムが独特でサビ以外は4拍子ではないですよね。私も時々浮かんできたメロディが3拍子だったりしますが上手く形に出来ません。

小室さんと言えばすぐにエレクトロ系の曲ばかりフューチャーされますが、他のアーティストにない音楽の幅広さが稀有なところですよね。確かにどんな曲調でも小室サウンドというレッテルを貼られる事もあるかもしれませんが、それって小室さんの魅力ですよね。どんなジャンルでも自分らしい音楽が作れるという。

この曲も作詞が素敵です。吉田麻美さん作で声も独特だし才能ありますよね。売れなかったから続かなかったかもしれないけど…YouTubeに当時のPVがあるので聴いてみてください。

3.DEAR MY CLOSE FRIEND

アルバム『AMARETTO』で”TK version”も8cmCDで付けてるくらいなので小室さんも特にお気に入りなんでしょうね。久しぶりに今聴いていますが本当に素晴らしい曲ですね。作詞は吉田麻美さんで小室さんでは書けないだろう女性ならではの感性が素敵です。

この曲が入っている『AMARETTO』というアルバムは他にも『口笛に咲く花』や『DON’T GIVE UP』『be with you』などかなり気合が入っており良い曲沢山なのでぜひ聴いてもらえると嬉しいです。

4.Girls,Be Anbitious

ナオミというドラマの主題歌になったキスディス唯一のヒット曲ですね。イントロがカッコ良く大好きです。

5.OVER & OVER

1stアルバムのシンプルなのも良いですが、2ndアルバム『GRAVITY』やシングル盤のPOPな方が好きです。

trf

1.BRAND NEW TOMORROW

小室さん歌いまくり、小室さんの「let’s get brand new tommorow」が病みつきになる。明日に向かって前向きになれる応援ソングと思う。

2.Hey!Ladiers & Gentlemen

trf低迷期(というか、実験的な作品でわざと低迷させた?)の1曲。ほとんどメロディがサビしかない曲だが、夏のあっけらかんとしたハッピーな恋を歌ったような詞とカラッとしたシンプルな音数も少ないサウンドが大好き。

華原朋美

1.save your dream

既に恋愛関係があったかぎりぎりの頃の曲だと思います。ただ華原朋美の曲の中でもハッピーで大好き。歌詞の『スロープ』というところが好き。

2.Every morning

鈴木あみ

1.love the island

2.alone in my room

3.don’t  need to say good bye

小室哲哉本人

1.Running To Horizon

言わずと知れたアニメ『シティーハンター3』のオープニング曲です。小室さんの声とサウンドの中毒性がたまりません!

2.永遠と名づけてデイドリーム

小室さんのエッセイか何かで、モーツァルトをテーマにした舞台の曲を作曲する際に自分に資格があるか日数に制限を掛けて作ったようなことが書いてあったような気がします。この曲を聴くと、小室哲哉さんは純粋に音楽が大好きなんだと思います。たまたま素晴らしい才能も持ち合わせていた、と。小室さんのすごいのはあらゆるジャンルに挑戦して成果を残したところだと思います。よくカラオケ理論みたいな事を取り上げられますが、商才は偶然当たっただけで実際にはそんなにない気がします。音楽の才能が図抜けていたんだと思います。

80年代アイドルに提供

1.GOOD MORNING CALL

大好きな小泉今日子さんに提供した曲。

2.No Titlist

宮沢りえさんに提供した曲。前作の『dream rush』も良いけど、より洗練されたサウンドのこっちの方が好き。

小室哲哉さんの80年代アイドル提供曲が大好き

90年代アイドルに提供

1.愛撫

中森明菜さんに提供した曲。王道小室サウンドで怪しい雰囲気がぴったり。

2.My kich heart

宮沢りえさんに提供した曲。この曲の作詞は当時雑誌で募集した作品に小室さんが曲を付けたようです。その方は中学生で亡くなってしまったとの事です。

詞は病院で書いたそうです。詳しくは分かりません、病気で大変困難な状況が想像できますが、それを全く感じさせない希望に溢れた曲です。

詩のセンスに嫉妬してしまいます。もしかしたら全ての曲の中で私に一番元気をくれる曲かもしれません。ちなみにシングルではB面扱いでしたが、A面の『赤い花』も小室さんの作品ではありませんが名曲ですよ。

その他

1. oh-darling

動画を貼りたかったけど著作権違反なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

40歳独身で人生を幸せに生きるためにブログを始めました。HSPなので生きにくいですが共感していただける方がいたら嬉しいです。ボカロPとして未熟ですが作った曲も公開していきます!よろしくお願いします。