私の弱点!自己肯定感の低さ解消を目指す思考を始める

以前、後輩に嫉妬してしまう事を書きました。

更に自分の恥ずかしい情けない部分を晒すことになりますが、同じような悩みを抱えている人の気づきになればと思い追記したいと思います。

自己肯定感の低さ解消を目指す思考を始めよう!

上の記事で書いている内容も外れてはいないと思いますが、根本的な嫉妬心の原因は『自己肯定感』の低さだと思います。

自己肯定感は自分自身をありのままに生きているだけで素晴らしいと認めることだそうです。主に虐待を受けたり親からの愛情が不足したりしている人は低くなりがちです。逆に親から愛されていたり可愛がられている人は高いようです。

私については特に虐待を受けたりはしていないし、愛情をもらってなくはありませんでしたが、兄弟が多いことや元々の私の資質や性格もあり若干精神的に歪んでしまったようです。

こちらのサイトで簡単に自己肯定感がある人とない人の特徴が分かります。私は元々はそれほど自己肯定感が低くはないように思いますが、最近は低い特徴に当たる行動が確かに多くなっています。

まぁ私の場合は自己肯定感以外にも様々な精神的な問題を抱えてしまっています。もちろんHSPだということも心の問題を抱えやすい要因だと思います。ですが、ひとつ思い浮かぶのは、やはり仕事が悪影響を及ぼしているようだという事です。

今もそうですが仕事が嫌で嫌で辞めたくて仕方なく思ってしまう時が最近はすごく増えています。会社や同僚が嫌いとかそういうことではなく、人間関係や自分の性格からくる嫉妬などの感情に疲れ切ってストレスフルなのです。とにかく開放されたいのです。

とは言え、開放されたらされたでお金がなくなる不安感で押しつぶされそうにもなるのが目に見えています。その解決法は一つしかなく、会社の給料だけに依存したマネーリスクを解決するしかありません

話がずれてしまいましたが、嫉妬の根本的な原因は自己肯定感が低いため。低いと他人を認めること(とりわけ後輩だと更に劣等感も加わる)、つまり『認める=自分が劣る』ことになってしまう思考のため認める事が出来ず、自分より下でないと心の動揺や叫びが抑えきれなくなり嫉妬心が激しくなってしまうようです。

こんな事を考えたり知ったりすると、心の病や苦しみも現代は論理的に説明することが出来るのがすごいなと思います。それは同じようなロジックで同じように思考してしまい苦しんでいる人がたくさんいるということでもありますね。

さて、このように私の心の問題がわかって、客観的に認識、つまり心の病を受け入れるわけですが、それでも心が反応してしまった時に『他人は他人、自分は自分』と言い聞かせようとしますが心はなかなか収まってくれません。

ロジックも原因も分かったのに強く反応してしまうのです。解決策として下記のサイトを参考に考えてみました。

私の3つの強みは何?

それでは私の特長的な3つの強みを考えてみます。結構すぐに3つ思いつきました。ノートに書いてみました。

①好奇心・・・やってみたい!自分でやらないと気が済まない性格

②生み出す力・・・クオリティは一旦置いておいて、作曲が趣味だし苦労して考えて0から生み出すのが好きだし生きがい

③HSP・・・デメリットもあるけど、私を私らしくしている要素

この3つが私の強みだと思います。ちなみに、1つだけだとそれが折れたら終わりなので3つ必要だそうです、3本の矢方式ですね。

他人の賞賛で自己肯定感を高めると超危険!

だけど私は大きな過ちをおかしてしまったおかげで今すごく苦しんでいるのです。

それは、30代の時に大きな勘違いをしており、会社で自己肯定感を他人の称賛という承認欲求という麻薬のみで高めてしまったことです。

他人の称賛だけで高めてしまった自己肯定感は、結局は異動により自分の能力ではなく、誰でも代わりがいたり、会社の力だったりした事が判明してしまい全くなくなってしまいました。

そうすると他人の称賛だけで成り立っていた自己肯定感が一気に脆く崩れ去ったのです。その結果、自己肯定感が低い嫉妬だらけの自分になってしまっているのが現状です。

この快楽的な強い誤った自己肯定感は崩壊し原因が判明してもなお、心や脳が過去の他人に賞賛される快楽を忘れる事が出来ず、大きく動揺して今もコントロールが出来ずにいるのです。

とは言え、このままでは何も前に進みません。私は誤った自己肯定感を払拭して幸せになるために再度歩みださなければならないのです。

新たな正しい自分を特徴づける強みである『好奇心』、『生み出す力』、『HSP』を武器に使う事で、自分の内側から湧き上がる本当の自己肯定感を育てなければなりません。

これらの武器(自分を特徴づける強み)は気付くだけでは意味がなく、常に新しい事にチャレンジして経験を積み習慣化しなければならないようです。そうしないと慣れが強みを無効化してしまうそうです。

という事で、すぐに全てを変えていく事は出来ませんが、幸せや、お金持ち目指して自己肯定感を高める思考と行動(自分をあるがままに存在するだけで素晴らしいと受け入れて挑戦する)を始めようと思います。

最後に、、、心の病はすぐに完治させるのは難しいです。現状と自分に折り合いをつけ理解しながら少しずつ改善を目指します。でも心に巣食うモンスターを抑えきれなくなりそうなら直ぐに病院に行ってお医者さんや薬に頼りましょう!

他人や自分を傷つけて人生を棒に振るのは勿体ないです。この素晴らしきバカな世界にはまだまだ知らない楽しいことや美味しい物、感動する音楽や芸術、発明などたくさんあります。死ぬ時が来たら急がなくても死ぬのでそこまではしっかり楽しみましょう!

同じような悩みで苦しんでいるみなさんも絶対に自分を特徴付ける強みがああるはずなのでがんばりましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

このブログは、”人生終わってる40代独身男が幸せになるべくもがく様”の記録です。構成する成分は主に、HSP、ボカロ曲公開、ひとり旅、スキューバダイビング、虫歯です。 お金儲け、ノウハウ、投資、お得情報などは全くありませんのでご了承ください、お役に立てる情報がなくて申し訳ないです。