旅猿13『スリランカでカレー食べまくりの旅』は久しぶりに旅猿らしい旅だった

旅猿13のDVDが販売されていますが、その中で一番面白そうだったスリランカ編のDVDを購入して視聴しました。

『スリランカでカレー食べまくりの旅』は久しぶりに旅猿らしい旅だった

旅猿13のDVDラインナップは下記です。

  1. 三重 伊勢志摩 満喫の旅…ゲストはベッキー
  2. ウド鈴木おすすめ 山形県の旅…ゲストはウド鈴木
  3. スリランカでカレー食べまくりの旅(ワクワク&ウキウキ編)…ゲストは出川哲郎
  4. スペシャルお買い得版…鳥取県、新潟スノーボード、都内納涼スポットの3本立てDVD2枚組

購入して見たのはスリランカのみです。過去の経験から国内旅は何度も繰り返し見る作品がすくなく、DVDを買うのは勿体ないのでレンタルで十分かと思っています。Tシャツプレゼントも前回はDVD100万枚突破記念という事で通常とは違う文字色が選べたので購入しましたが、今回は普通なので特に興味はありません。

スリランカのワクワク編の良かった点

ワクワク編は前編で、かなりボリューム感がありました。

  • 収録時間は145分+特典映像6分の大ボリューム
  • お決まりのベッド争奪戦も楽しかった!
  • 一般家庭での食事でグアム編以来の大いざこざ
  • 医療マッサージ体験も現地感満載で面白かった

ホテルも豪華でなく、私が大好きな初期の旅猿が帰ってきた感じです。ウキウキ編で岡村さんもそんなこと言っていたので演者の皆さんも感じていたようですね。

一方で一般家庭での食事についてのいざこざというか愚痴が長い!あえて収録したんだと思いますがネチネチ感に演者の高齢化を感じました。残念ですが言わないと気が済まない年齢になったのかもしれません。出川さんはなだめようとするのですが…ポジションが弱いのでダメなようです。

スリランカのウキウキ編の良かった点

後半のウキウキ編もボリューム感は減りましたが楽しめました。

  • 収録時間は115分+特典映像7分
  • 今回初と思いますがどの観光スポットに行くか演者とスタッフの合計6名で投票して決めます。この件(くだり)がなかなか楽しい。珍しく岡村さんが東野さんの提案にNOをするところも良いですね
  • ちょっと残念だったのが決まった行先で、岡村さんのとある出来事のおかげで少しパワーダウンした感じです

後編も投票という核があり楽しめましたが、つっつんさんの代わりのスタッフのリーダー?田川さんの頑張りやおとぼけも演者に突っつかれて面白いです。この辺は長く続いているからこその空気感ですね。

旅猿らしさって何?

今回は演者が特に嫌っている演出の”現地の一般家庭での食事”をどう捉えるかで評価は変わると思います。個人的には私はスタッフ派です。

あまりに演者が嫌うのでグアム以降しばらく現地の一般家庭での食事を止めていたようですが、復活して大反発を食らったもののとても面白かったと思います。

演者が「プライベートで現地の一般家庭で食事なんかしない!」とは言いますが、やっぱりバラエティだし本当のプライベート旅行ではないので、面白くする演出は絶対に必要だと思います。もちろん時には控える事も必要だしバランス感だと思いますが、演者の反発を恐れて、ただの観光ばかりしていても観る方も面白くないです。

ロサンゼルスからラスベガスへオープンカーの旅でも、前半の観光ばかりはイマイチでした。国内編は現地の一般家庭で食事なんてないので、全般的に一回見るだけなら良いけど何度も観れる”旅猿クオリティ”ではありません。

逆に本当の一般人は、海外旅行で現地の一般家庭で食事なんて出来ません。だからこそ旅猿で見せてくれることに意味があるし楽しいのだと思います。知的好奇心を満たすというか…

旅猿らしさって”いざこざ”ではないと思いますが、”いざこざ”が起きるくらいエッジがある演出がバラエティ番組としての面白味だと思います。ですので現場で演者に散々罵られて大変だと思いますが、旅猿スタッフの方には今まで通り、時には反発が予想される演出であっても面白くするために取り入れ続けて欲しいと切に思います。

特に演者の高齢化で演出を付けないとアクティブ度が低下しがちだと思いますので総合演出のつっつんさんの手腕にかかっていると思います。

最近『世界の果てまでイッテQ!』で祭り企画のやらせ?や出演者のケガが発生していますが、イッテQの面白さは企画と演出だと思います。そんなに詳しくありませんが、元々世界の色んな地域に行って挑戦したりするのがメインだと思いますのでリスクは内在している番組ですが、他の多くの番組が安全でリスクが少ない情報バラエティばかりの中で挑戦し続けていいるから価値がある番組だと思います。

このまま終わっていくのは残念な番組なので、何とかリスクを取りつつも安全への配慮を増やして輝きを取り戻して欲しいと思います…が、マンネリもあるのは長期番組だから仕方ないのかな…。個人的にはイモトさんのエベレストについてはリスクが高すぎるので止めて欲しいのが本音かな。

イモトさんがエベレストに登頂する事が人生の最大の目的なら良いけれど、番組の企画で登山が好きになって視聴者の期待に応えたい(一応自分の夢になった)というレベルなら挑戦させるのは無責任だと思います。まぁ芸人さんとしてこんな壮大な企画を自分のためにやってもらえるなら命を懸けてもっという感覚があるのかないのかは知りませんが…イモトさんが不慮の事故なんて絶対に嫌だよ。

ちょっと旅猿からズレちゃいましたが、旅猿の面白さは演者だけでなく、スタッフの方の頑張りが支えていると思いました。岡村さんも何度もスタッフの素晴らしさを言っているから皆分かっていると思いますが…ロシアも楽しみだなぁ~

読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40歳独身で人生を幸せに生きるためにブログを始めました。HSPなので生きにくいですが共感していただける方がいたら嬉しいです。ボカロPとして未熟ですが作った曲も公開していきます!よろしくお願いします。