「私の代わりはいくらでもいる」ことを悟った私の現状

以前、私は”会社には私の代わりなんていくらでもいることに気づいた”という思いをブログに書いた事があります。

そんな自分の言いたい事が下記の記事やイケダハヤトさんのYouTubeチャンネルでスマートにまとめられていたので、あらためて自分の現状を整理してみたいと思います。

「私の代わりはいくらでもいる」はその通りだった

私はイケダハヤトさんのようには出来ないので、イケダハヤトさんを盲目的に信じて行動するのは危険だと思いますが、イケダハヤトさんの言っている事を否定しているわけではありません。納得することもあります。

https://youtu.be/vxEjnkHHRWA

私も、自分の仕事は自分しか出来ないと勘違いしていた時期がありました。でも「結果を残せなくなり冷静に周りを見渡すと自分が足を引っ張っているのでは?」と思うようになり、結果的にそのポジションから外れました。

そして現在思う事は、実際にその通りだった!ということです。

上記の方々も言っていますが、その人でないと出来ないという事はほとんどなく、やってみれば誰でもなんとかなって穴を埋めてしまいます。むしろ色んな人がチャンスを得て、前任者以上に活躍する事だってあります。

冷静に考えてみれば社長でさえ変わっても問題なかったりするくらいなので、ただの社員一人が居ようが居まいが問題ないに決まっています。なのに”自分しか出来ない”と思ってみたり、”あいつがいないと回らない”と考えたりしています。そんなことあるはずがないのにね。

現在の私の考え方

欲しいのはお金だけ

結局、サラリーマンとして会社に雇われている自分は、”歯車として労働力を提供し、対価としてお金が貰える”それだけの関係で良いのです。やりがいを見つけて頑張れる人、夢の仕事に従事出来て頑張っている人、そんな人を否定する気はありません。

ただ、私の場合は『頑張った事が自分の成果になる』ように今後は行動したいのです。会社で頑張っても辞めたら手元には何にも残りません。経験や知識は残るかもしれませんが…それだけです。

そのように考えたら、もう会社で必要以上に頑張る事もしないし、出世も望みません。もちろん与えられている仕事は出来る範囲で頑張り、いただいている給料分は全うしようと思っていますが、それだけです。

どこに行っても大体同じ

結局お金のために働いているので、やりがいを求めた転職はないし、40歳過ぎて転職したって、ボンクラな労働者の給料は上がりません。人間関係だってどこでもあります。だから今の所で働けるうちは働きます。ダメになったら辞めます。それだけです。

残りの人生の目標は?

目標も特にありません。ただ、

『体が動く残り数年は体を使った楽しい事をやり、体が動かなくなって来たら頭でやれる楽しい事をやって思い出を増やしていこう!』

と考えています。

そして、

『収益化が無理だとしてもブログを継続して自分が感じた事を発信し続けよう!』

とも考えています。

あとは、楽しみながらも可能な限り貯金して質素でも老後があるなら備えておこうと思ったりしているだけです。先の事よりも”大切なのは今!”なんだけれども一応ね。

読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40歳独身で人生を幸せに生きるためにブログを始めました。HSPなので生きにくいですが共感していただける方がいたら嬉しいです。ボカロPとして未熟ですが作った曲も公開していきます!よろしくお願いします。