【せとうち島旅 1日目】しまなみ海道をオープンカーで走りたい!

やっぱりガイド本はスマホより見やすくて役立ちます

こんにちは。このブログでは大きな旅として今まで、小笠原、グアム、沖縄と紹介してきましたが、今回は『せとうち島旅』を書いていこうと思います。

過去の旅なので写真を見ながらどれくらい記憶に残っているかが勝負です。時期は小笠原に行った同じ2017年のゴールデンウィーク、つまり2年前です。

”瀬戸”と”しまなみ海道”を旅先に選んだ理由

私は過去に四国88箇所お遍路歩き遍路旅をやっているので四国は馴染み深い土地です。徳島には亡き祖父もいたし小さい頃からよく行っていました。でも瀬戸の島々は四国への通り道の淡路島(瀬戸?)以外は全く行ったことがありません。

15年くらい前にレガシィB4の車中泊で屋久島の縄文杉を見に行った旅があり、その帰りに広島や岡山を通ったのをよく覚えています。

また、旅猿で『瀬戸内海・島巡りの旅』をやっていたので興味はありました。そんな中調べていると”しまなみ海道”を自転車で渡るのが楽しいらしいことを知りました。自転車で渡るのに興味がある方は下記サイトを参考にどうぞ。

http://shimanami-cycle.or.jp/rental/

http://www.cyclonoie.com/shimanamikaido.php

これはとても楽しそうで是非やってみたい!と思いました。過去に琵琶湖を自転車で1周する旅をやりましたが、練習もせずいきなり挑んだのですぐに膝を痛めて過酷な旅でしたがすごく楽しかったです。

太川さんと蛭子さんの『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』もそうですが、1周とか、どこまで行く、というルールがあると楽だし楽しいですよね。『琵琶湖自転車1周の旅』もかなり前の旅ですが写真が残っているので旅行記を書きたいと思います。

という事で目的地を瀬戸内海に定めました。が、休みは最長で4泊5日。飛行機で行くという手段は飛行機が怖い当時の私の中にありません。新幹線も現地での自由度が低いのでイマイチ。

となれば!車しかありません!!

だったら大好きなコペンです。今回は自転車は諦めて『大好きなオープンカーでしまなみ海道を横断しよう!』となったわけです。

旅の計画

私は基本的に行き当たりばったりの旅が多いです。計画するのがメンドクサイし予定は未定で現地の状況で変わるかもしれない、と思っているからです。だから宿も前日に予約をする場合が多いです。※海外とか不安な場所は予約します

とは言え、長距離移動だしある程度のルートと日程は目途を付けておかないと危険なので今回は行きたい場所とおおよその行程は事前に決めました。

  • 1日目 長野から兵庫まで行く
  • 2日目 小豆島に渡り観光して小豆島で宿泊
  • 3日目 香川県に渡り出来れば今治まで行き宿泊
  • 4日目 しまなみ海道をオープンドライブで渡り、出来るだけ帰路につく
  • 5日目 長野に戻る

とにかく基本的に車で走りまくる旅となります。一歩間違えば戻って来れない、そんなリスクもある遠さです。適当に調べても片道700キロ以上、色々立ち寄ったり観光したり島を周ったりすれば往復1500キロは超えるでしょう。1日最低300キロのノルマです。車は好きだけど運転は嫌いな自分には結構大変な事が予想できます。

でもワクワクするよね!楽しそうだよね!

旅中でやりたかった事や行きたかった所

計画を立てるために購入したガイド本で、オープンドライブ以外の目的もいくつか考えていました。当時の記憶を思い出しながら書くと、、、

  1. 船に乗る
  2. 小豆島のエンジェルロード
  3. 大島の潮流体験
  4. 伯方島で伯方の塩ラーメンを食べる
  5. 大三島のオミシマコーヒーで海を眺めながらコーヒーを飲む
  6. 生口島の耕三寺博物館の大理石の丘
  7. 尾道ラーメンを食べる

小笠原の旅の直後なので楽しかった船にまた乗れるというのも楽しみでした。上記は結局ガイド本でそれぞれの島を楽しむメインスポットが多いです。各島で滞在出来る時間は少ないのでザックリ王道を楽しむというイメージでした。

ちなみに旅猿では高松から島を転々として主に小豆島から岡山に行った行程でした。小豆島以外は小さい島が多かったようです。もしサンライズ瀬戸や飛行機でもう1回瀬戸内海を旅する機会があればやってみたいような気もします…が、やっぱり未知の所に行きたい気もしますね。

思いついたら、やってみたい、やっちゃえ、そんな性格な私

私の長所でもあり短所でもあること、それは『思いついたら、やってみたい、やっちゃえ、そんな性格な私』だから強行しました。普通の人だったら高松まで飛行機とか『サンライズ瀬戸』で行ったりしますよね。

その方が楽だし、一人だと安いし、安全だし。でも私はコペンが大好きだったんです。コペンで行きたかったんです。オープンカーで海沿いを走りたかったただの変態なんです。それだけがモチベーションでした。ちなみにコペンでは『能登半島1周の旅』もやっていますので旅行記をそのうち書こうと思います。

せとうち島旅1日目 走行距離453.2キロ

1日目は長野から移動のみで特に内容がないので簡単に書きます。1日目の目的地は明石のビジネスホテル、約500キロ弱の距離を高速に乗って走ります。それにしてはスロースタートの朝9時頃に家を出ました。

コペンのウインドディフレクターにGOPRO用のクリップを買ってGOPRO HERO5を取り付けて走行シーンを撮影することにしました。

上記のような画像になります。上の画像は動画から切り出しています。コペンはとにかく狭く、いつでも気持ちの良さそうな風景に出会い心が惹かれたらオープンにするのでトランクには荷物は積めません。だから助手席は荷物の山でした。

旅の持ち物は着替えとカメラ関連です。一応動画も撮ろうと思ったのでGH4も持って行きましたが動画は上手く撮れず不用でしたね。GOPRO HERO5はKarma gripという動画を美しく撮影できるアクセサリーも持参しました。

21時くらいにホテルに到着して駅前のお店でネギトロ丼を食べてこの日は終了しました。

今振り返ると過密な行程と走りっぱなしの超過酷旅でした。果たして2日目以降一体どんな旅になったのか?行ってみたくなってもらえたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40歳独身で人生を幸せに生きるためにブログを始めました。HSPなので生きにくいですが共感していただける方がいたら嬉しいです。ボカロPとして未熟ですが作った曲も公開していきます!よろしくお願いします。