私がパチンコをやめた方法

先日パチンコのこと少し書きましたが、私も昔1ヶ月だけパチンコにハマってしまい痛い思いをしたことがあります。

YouTubeのコメントで見たのですが、パチンコの当たった時の快感は脳に深く刻み込まれて、パチンコの刺激以下のことは興味がなくなるように脳がなってしまうらしいです。中毒ですね。確かに私もやめたけど、たった一ヶ月の事なのに頭の片隅にまだ残っています。

私の情けない経験

私は24歳くらいの時に興味本位でパチンコに行ってしまい、当時人気が出ていた初代?『海物語』でビギナーズラックで4万円くらい勝ちました。

そうしたら中毒になってしまい仕事の休みの度に近くから、場合によっては遠くまで遠征したり、負けたら違う店に取り返しに行って更に負けたりひどい状態になってしまいました。

最終的に一カ月で20万円くらい負けました。

当時コンビニで銀行貯金が下ろせるコンビニATMが始まったばかりで、これも負けに拍車をかけました。

これじゃダメだという事で以下の事をやってパチンコを遠ざけていきました。大事なのは人に言われてやめるのではなく自分がやめたいと思う事だと思います。

パチンコやめるためにやった事①

上で書いたようにコンビニATMで気軽にお金をおろして負けこんでいたので、キャッシュカードをハサミでちょっきんしました。そのためお金をおろすには銀行に行って通帳と印鑑でやっていました。

クレジットカードを持っていなかったのでお金を手軽に手に入れられないようにしたという事です。ただクレジットカードでキャッシングしたり出来る人は意味ないですね。

私にとっては一定の効果はあったと思いますが決定的ではありませんでした。

パチンコやめるためにやった事②

パチンコがやりたくなったらゲームセンターのパチンコ通いを行った。当時はまだ1円パチンコとかなかったので、今だと実質的にはゲームセンターの方が高くつく可能性がありますが、重要なのはそこではなくリアルのパチンコ屋さんから自分を遠ざけるという事が目的です。

最近は1円以下のパチンコもあるそうですが、パチンコ屋さんにとっては例え安く遊んだとしてもお店に来ていれば4円とかでやって負けてくれる可能性があります。でも全くお店に来なくなれば負けてくれる可能性はありません。ソシャゲの基本無料というのも同じ意味ですよね。

ゲームセンターでパチンコをやる利点は下記です。

  1. リアルのパチンコ屋さんを遠ざける
  2. いくら当たって勝ってもお金には決して戻らないしお菓子にもならない
  3. メダルが溜まるのでパチンコ以外のゲームも出来る
  4. 換金できないのでいつか飽きる
  5. 飽きたら段々行く頻度が減っていく

私の場合は1~2年くらいはゲームセンターによく言ってパチンコ打ってました。その後はメダルゲームにはまって、それも飽きて行かなくなりパチンコへの興味も減っていきました。

ちなみにゲームセンターにはスロットもありますよ。

まとめ

長くやっている人は中毒も深いと思うので時間はかかるかもしれませんが、やめたいと思ってもやめられない方はゲームセンターに行って1回100円のパチンコやりまくってください。

お店によって回転するけど確率低い店、当たるけど1回のメダルが少ない店、全然当たらない店など、ゲームセンターのパチンコは設定をお店が自由に変えているので結構楽しめるかもしれません。

でもお金は絶対に戻らないので当たってもむなしいだけになるかもしれません。それでもリアルのパチンコ屋さんには絶対に行ってはいけません。やめたいんでしょ?パチンコやりたくなったらゲームセンターに行きましょう。

現在ゲームセンターの営業はかなり厳しいらしくどんどん潰れています。ぜひ貢献してあげてください。メダル落としもかなり楽しいのでそっちにハマるかも!?ご注意ください。

読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40歳独身で人生を幸せに生きるためにブログを始めました。HSPなので生きにくいですが共感していただける方がいたら嬉しいです。ボカロPとして未熟ですが作った曲も公開していきます!よろしくお願いします。